« 京ぽんの辞書を鍛える1 | トップページ | アクセス解析のその後 »

今日という日

今日のことはどうしても書いておかないといけないだろう。人生の大きな岐路だろうから。
と書くと大げさだが何のことはない、内定をもらえたというだけだ。
家族に伝えたらものすごく喜んでいた。でも反対に自分はものすごくへこんでしまった。どうしてだろう。
一つには当初自分が望んでいた業種とは全く関係ないところに決まってしまって内心当惑しているのがある。それももともと向こうからかかってきた電話から始まった試験だ。自分を安売りしているんじゃないか。すごく不安だ。
一つ。結局司法試験でなしに就職する道を選んだこと。法曹に未だあこがれている自分がいる。これまでの3年間を振り返ればほぼ不可能に近いのに、まだ未練たらたらの自分がいる。本当にいいのか、安易に自分の行く先を決めてしまって良いのか。それに就職となれば、今まで試験を受けると言って友達を騙してきたことにもなるじゃないか。なんて言えばいいのか、言葉が見つからない。
一つ、自分の将来がある程度決まってしまった事への絶望。これは働いている人から見れば全くのあまちゃんだと思うであろう事だ。転職は後からでもできるかもしれないが、スタートラインの差はとても大きい。ここで、現時点で自分を決定してしまっていいのか、すごく悩む。自分の人生を決定づけるであろう決断を果たしてよくできるだろうか。

いろいろ考えていたら気分が最低な感じに。苦しすぎる。今日が自分の破滅の始まりかもしれない。外的にも内的にも。

|

« 京ぽんの辞書を鍛える1 | トップページ | アクセス解析のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/914923

この記事へのトラックバック一覧です: 今日という日:

« 京ぽんの辞書を鍛える1 | トップページ | アクセス解析のその後 »