« au夏の陣 | トップページ | 新着ココログ »

地図 QRコード

最近の携帯電話には大抵、カメラがついている。カメラの用途には写真をとる目的もあるが、もう一つ大きな役目はOCR。文字やバーコードを読み取る用途だ。

中でもいわゆる2次元バーコード、QRコードに対応する機種が最近は多い。ドコモがよくCMでやっている、「ケータイでピッと」とういあれである。てんてんがたくさん集まって■をなしている。それをケータイのカメラにかざすと色々なデータ、住所だったり個人情報だったりを表示してくれる仕組みだ。

じゃあこれ→■が一体なんの役に立つのか。基本的には文字入力の代わりになる。
例えば、アドレス帳に、ある人のデータを入力する。携帯のキーをぽちぽち押して一つずつ入れていく。が、この作業は案外しんどい人も多いのではなかろうか。そこでQRコードの登場だ。登録したい人の情報をあらかじめQRコードで受け取っておけば、後はカメラで読み取るだけで名前から電話番号からアドレスから、ぜーんぶ登録できてしまう。

カメラにかざすだけで。

携帯電話で地図を見たいとき。最近はディスプレイの解像度も上がり、携帯電話で地図を便利に活用する人もおおいだろう。では、住所を入力するときどうしますか?ぽちぽち押して入力?地名は案外難しい漢字の場合もあるし、はじめていく場所が多いからなかなか入力が面倒じゃないだろうか。そこでQRコード。住所をQRコードにしておいて、そいつを読み込むだけで地図の表示が出来る。

カメラにかざすだけで。

このようにQRコードとはまことに便利なものなのだ。ここで湧き上がる疑問が一つ。「QRコードはどうやって作るのか?」QRのススメ等を利用させてもらうといい。また、選択範囲を右クリックするとQRコードを表示してくれるソフトもある。地図ならこのサイトを使うといいだろう。
QRコードのよい点は何も紙に印刷しなくてもよいところだ。PCのディスプレイに表示させたコードを読むだけで済む。長文のメールをPCで書いて、QRで読み込んで携帯から送信といった技も使える。いってみればカメラはCD-ROMのドライブで、QRコードはCD-ROMのように使えるわけだ。

まずはQRコードに対応する携帯電話を買うところから。◆検索

|

« au夏の陣 | トップページ | 新着ココログ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地図 QRコード:

« au夏の陣 | トップページ | 新着ココログ »