« ブログのスクロール | トップページ | 見てもらうコツ。 »

W11H-カメラ編

第3弾。カメラ編。

W11Hのカメラ。スペックとしては30万画素CCDで近頃の水準から比べるとちょっと見劣りする。ヒンジの真ん中に納めているのでメガピクセルを期待するのは少し酷か。ぐるりと回転させられるので、自分撮り、相手撮りから背面液晶を使った撮影まで自由にこなせるのは便利。最大の特徴といえるだろう。補助ライトは2段階に点灯。背面についているので自分撮りのときには使えないが、まあまあといった感じ。ミニライト代わりに使う機能があるとよかったかも。フォト、ムービー共にサイドのスライドキーを使って起動する。起動時間は短く、すぐに撮影できる。
追従性は良いほうだと思う。普通に構える分にはぶれたりはしない。ホワイトバランスの調整はちょっと微妙。オートで撮るとかなり青っぽく移るようだ。メニューから撮影モードを選ぶと改善される。撮影モードは毎回起動時オートに戻る。保存してくれるといいな。
撮影サイズは携帯サイズからVGA?まで、普通に選択できる。今ごろの携帯としては普通。保存時間は1~2秒。待たせる感じはしない。快適な撮影が出来る。

ここまでは回転ギミックを除けば極めて普通の印象だが、動画撮影で結構その力を発揮する。撮影サイズの最大はQCIF。そこそこ大きい。なんと言っても長時間撮影が出来るのが面白い。SDカードに保存専用モードで最長10分の撮影が可能。ちょっとした作品が出来上がる。当然のことながら携帯にメール添付で送ることは出来ないが、ちょっとしたビデオカメラ代わりに使える。テロップやアフレコも入れられてちょっとしたスタジオ気分が味わえる。こちらも保存スピードはかなり速いほう。メールに添付できるモードではほとんど時間はかからず、すぐに次の作業に移れる。

といった感じ。起動も保存もそこそこ早いのでちょこちょこ撮影をする人にはストレスなく使える、便利な機能といえる。次回からソフトについて書こうと思う。kamera.jpg

|

« ブログのスクロール | トップページ | 見てもらうコツ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/996080

この記事へのトラックバック一覧です: W11H-カメラ編:

« ブログのスクロール | トップページ | 見てもらうコツ。 »