« 篠原ともえ | トップページ | 小心者 »

アタマ=PC説

半分ねぼけたぐらいが一番頭の回転が早い事に気が付いた。回転というか勘が利く。何でだろうとねぼけた状態で考えたところ、余計なリソースを使っていないからじゃないかと考えついた。覚醒状態だと意識していなくても色々なことを考えているものだ。それがPCの常駐プログラムのように積もってリソース不足になっているのではないか。常駐しているのは心配事とか不安とか、あとは頭の中でぐるぐる回ってしまってBGMみたいに鳴っている音楽とか。とにかく余計なものを考えすぎなのではないだろうか。そんなものに圧迫されて本来必要なものを考えるスペースが足らないのではないか。そう考えた。

たぶん常駐プログラムを強制終了させるのは不可能だろう。やめようと思ったそばから湧いて来るからだ。煩悩みたいなものじゃないか。起きた瞬間はPCを起動させた瞬間と同じで余計なものがないまっさらな状態だ。だから素直に思考できる。特に夢の途中で起きたときはいい。夢はバーチャルシミュレーターみたいなものでほぼ全部のリソースを消費しているのでそれが強制終了された、つまりぽっかり穴の空いたようなクリーンな状態になって余計なものが入り込む余地がない。夢の余韻を引きずることがあるのが難点だが。

|

« 篠原ともえ | トップページ | 小心者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/2322938

この記事へのトラックバック一覧です: アタマ=PC説:

« 篠原ともえ | トップページ | 小心者 »