« 気がついてみれば | トップページ | ネット難民脱出 »

二度目

朝布団の中でごろごろしていたら、体の異変に気がついた。

おなかが痛い。

下腹部が何となく痛む。なんでかな、と思いながらごろごろしていたらだんだん痛くなってきた。起きて痛いあたりを押してみる。痛くない。そのとき思い出した。前にも同じ痛みを感じたことがある。そうだ。痛みの元は腹ではない。

あそこを、玉をさわってみた。痛い。ちょっと腫れている。何となく熱も持っているような。ああやっぱり。またか。病院に行くことを即決した。

用事を済ましているうちにだんだん痛みが激しくなってきた。前と同じだ。

病院に行くとまず検査を受けるように言われた。尿検査と血液検査。血液検査を受けたら何となくクラクラしてしまった。軟弱ものだ。検査を受けているうちに痛みはピークに達し、歩くのも座るのも辛い状態になった。

検査を受けてから診察と共に結果を見るらしいのだが、結果が出るまで1時間ぐらいかかるとのことで、その間にお昼でも食べてくださいといわれ、食堂へ。日替わりカレーを食べてみる。今日はタイカレー、だったが何のことはない、普通のカレーの上に唐揚げがのっているだけだった。結構席は埋まっていたのでおばあさんの向かいに座らせてもらう。するとおばあさんが話しかけてきた。

おばあさんは何気なく見たテレビで最新の検査機器があることを知り、試しに受けてみたところ乳ガンが見つかったそうだ。手術と抗ガン剤治療を終え、今は放射線治療を受けているとか。癌になった人はみんな痩せるのが分かったという。抗ガン剤治療中は何を食べても苦いらしい。髪の毛も抜けてしまったとかで、帽子をかぶっていた。でもまた少しずつ生えてきたらしい。

おばあさんは食べられないから、とおかずの皿をくれた。別に食べたくはなかったけどありがたく頂いておいた。

診察を受ける。2度目だから慣れているけど大の大人が玉をこねくり回されるのはやっぱり悲しい。まあしょうがない。固くないので癌ではなさそう。血液検査の結果もちょっと異常だけど癌といえるほど数値が高くない。副睾丸炎は副睾丸が腫れるが自分の場合睾丸自体が腫れている。医師曰くなかなか不思議な症状だという。症状は前回と全く同じなのでやはりただの炎症?精巣上態炎?抗生物質を処方してもらった。不思議と触診の後、痛みが和らいだ。

そういえばちょっとびっくりしたのが情報端末で管理していたこと。パナソニック製。端末は携帯の大きさでボタンが二つ、モノクロディスプレイが付いている。電波のピクト表示もある。ピクトは3本だったが医療施設用なのでたぶんPHSだろう。ストラップが付いていて首から提げられる。もうすぐ診療の番になるとアラームと共に端末が振動して、待合室に移動してくださいと表示される。いざ自分の番になるとメロディーと共に振動し、何番診察室に入ってくださいと表示される。これの便利なところは呼ばれるまで好きなところにいられるところ。病院内はどこでも電波が入るようだ。待合室にずっといて自分の名前が呼ばれるのを耳をそばだてて聞く必要がないのはとっても楽。ハイテクがこういう場面で活用されるのはとても好ましい。現に自分の場合食堂で食事をしているときに端末が鳴って、あわてて診察室に向かった。

前回は薬を飲むだけですぐ直ってしまったので今回も同じではないだろうか。今現在かなり痛みは引いてきている。まさか2度も同じ病気になるとは思いもしなかった。が、これが研修が始まってからでなくて本当に良かった。

|

« 気がついてみれば | トップページ | ネット難民脱出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/3211402

この記事へのトラックバック一覧です: 二度目:

« 気がついてみれば | トップページ | ネット難民脱出 »