« W21SA使い倒し後レポート-基本ソフト編 | トップページ | W21SA使い倒し後レポート-web編 »

W21SA使い倒し後レポート-メール・文字入力編

メールの機能は最近はあまりクローズアップされませんが私は一番大切な機能だと思っています。
この機種のメール機能を一言で言うと「微妙」です。
ですがきらりと光る部分もあり、一概に批判できないでもいます。
だめな部分は変換全般、受信メール表示。
光るのは送信メール予約と範囲選択。

変換エンジンにはWnnを使っていますが全体的にいまいちです。推測変換はちょっと使ってやめました。通常変換は文節を区切りなおせばまだましかと。

私は主にベルうちで使ってますが、キーの取りこぼしはまずありません。この点は評価したいです。
ただベルうちだと英数変換が使えないのが辛い。また半角英数を入力できないのも面倒です。

またメールの表示、編集画面はなるべく大きく使いたいものですが、なぜか上部にでかでかと「受信メール」とか表示されてて無駄です。
せっかくQVGA液晶を積んだのに無駄に表示領域を消費してます。なんとかしてほしい。


逆に光る点は、送信予約メール。メールをためておいて一気に送信できる機能ですが、私はもっぱら第2の送信ボックスとして使っていました。
メモ機能では確か全角250もじまで鹿入力できませんが、メールなら5000文字までいけます。
他には範囲選択専用のボタンが用意されてる点も良いです。
メールの返信などでは部分的に引用を残して編集することが多いので、一部分だけを切り取る機能を良く使います。
サブメニューにカットやコピー機能がある場合もありますが、この機種はとりあえず範囲選択した後どうするのか決められるのでとても効率がいいです。
PCなどでも先には印に選択するのでこちらのほうが自然に思えます。

そんなわけで改善点多数といった具合です。

|

« W21SA使い倒し後レポート-基本ソフト編 | トップページ | W21SA使い倒し後レポート-web編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/4796752

この記事へのトラックバック一覧です: W21SA使い倒し後レポート-メール・文字入力編:

« W21SA使い倒し後レポート-基本ソフト編 | トップページ | W21SA使い倒し後レポート-web編 »