« 辛い | トップページ | W41CAを1ヶ月使ってみた感想 »

飛行機乗り比べの巻

四国から東京に帰るのに飛行機を使うといいと教えてもらってから半年あまり、岡山と東京の移動にはずっとJALを使っていました。

で、今回ANAカードを作ったのを機にANAに乗り換えようと思って往復にANAを初めて使ってみました。
全体的な感想は…「ANAってびみょー」

乗る前の話でいえば、せっかくおさいふケータイでチェックインできるのにわざわざ紙の搭乗券を持つ必要があるのかよくわからない。そのままケータイかざして搭乗できるようにしてもよかったのでは?

機内に関していえば、何となく座席の間隔が狭くて窮屈な感じがする。窓際の席が3列なのが関係してるようだけども。
でも離発着はANA機の方がスムーズな気がする。機体がデカイ分安定してるのだろうか。

後大きく違うと感じたのは羽田のターミナルの設備の違い。JALは第一ターミナルでANAは第2ターミナル。中身はそれほど違わないだろうと思っていたら、第2ターミナルが意外とお店がなくてびっくり。ホワイトデーのお返しを買おうと思っていたのに見つからず、普通のお土産を買いました。

さらにびっくりしたのが、ターミナルから直接搭乗するのではなくて、一度バスに乗って、そこから飛行機に搭乗すること。バスを待つのも乗るのも面倒だし、バスを降りてから飛行機に乗るまでわずかな距離ではあるけれども外を歩かないといけない。おまけにタラップは普通の階段なので、足腰の弱い人にはつらいんじゃないだろうか。

どちらかというとANAの方が規模が大きいし、ANAの方がサービス含めて全体的にいいだろうと勝手に思い込んでいたのだけど、全然そうじゃなかったんでちょっと拍子抜けです。先にカードを作っちゃったことをちょっぴり後悔してます…まあJALはJALでいろいろ問題抱えてるので一概には比較できないとは思うけれども。

|

« 辛い | トップページ | W41CAを1ヶ月使ってみた感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機乗り比べの巻:

« 辛い | トップページ | W41CAを1ヶ月使ってみた感想 »