« Mac初心者:タスクバーに似て非なるDock | トップページ | 無線LAN環境が欲しい »

Mac初心者:メニューバーが一つ

メニューバーの扱いがかなり違います。MacとWinで。

…知ってる人には当たり前すぎてあくびが出るような話だと思うのですが、一応。

Winでは各ウィンドウ毎にメニューバーがくっついています。
Macではアクティブなウィンドウのメニューバーが画面の上端に表示されます。

Winを使い慣れてる人にはMacはまるでMDIのソフトを使ってるように感じられます。
MDIというのはExcelみたいに大きなウィンドウの中に複数のウィンドウが配置できるソフトの見た目です。

Macでは何か編集やら見た目をかえたいときには全て、必ず、画面の上端をさわりにいく訳です。なるほどこれはわかりやすいかもしれない。

でも、マウスの移動量は増えるので頻繁に操作する場合はちょっとつらいかもしれない。もちろんマウスには加速度がつくのでリアルの移動量はそれほどにはならないんですが。

で、結局はキーボードショートカットに行き着くのかなと。MacOSXはOSレベルでキーボードショートカットの編集が可能なのでそういう使い方を推奨してるんだ、と勝手に思ってます。

メニューバーにはほかにリンゴマークや時計やバッテリや検索窓などが並んでますが、よく見るとWinと機能にそう差がある訳ではなくて、上のバーに入るか下のバーに入るかの違いなのかなと思います。

「いつでも一番上のバーで操作」これを頭に入れておけばWinに慣れていてもすんなり操作できます。

|

« Mac初心者:タスクバーに似て非なるDock | トップページ | 無線LAN環境が欲しい »

コメント

大きく違うのは、ウインドウのリサイズですね。
Windousでは、最大化、最小化以外は、手動で大きさを変えなければならない。
Macでは、自動で適切なサイズにしてくれる。
この差は大きいです。

そして次期Windowsでも真似をしようとしてているMacの機能

Expose は、視覚的にウインドウの切り替えが行える。

細かい気配りでは、ファイルやフォルダの名称の色を変えて、視覚的に判別しやすくできる。

更には、Spotlightでは、ファイルにキーワードを付けて検索整理が楽に。

また、スマートフォルダは、オリジナルのファイルをどこにしまっておこうが、検索条件にあったファイルをリアルタイムで管理できる。

まだまだ、あげればきりがないけど・・・
使う側に立って作られているMac ソフト開発者の都合で作られているWinって感じがしますね。

投稿: 通りすがり | 2006.06.07 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/10418927

この記事へのトラックバック一覧です: Mac初心者:メニューバーが一つ:

« Mac初心者:タスクバーに似て非なるDock | トップページ | 無線LAN環境が欲しい »