« ケータイの形色々 | トップページ | ケータイのWeb2.0 »

ケータイのカメラ

携帯電話にも結構流行があります。適当に列挙すると

ディスプレイのカラー化、大型化、高画素化
サブディスプレイの高性能化
着信音の和音数増大
Web機能の高性能化
カメラの高画素化
音楽機能の高性能化
通信速度の高速化

こんなところでしょうか。
手のひらに収まるサイズに技術を集積するのは技術の進歩の最終形で、携帯電話はもろにその影響を受けてきました。カメラ機能はその最たるものではないでしょうか。

カメラ機能は画素数という直接数字で表せる機能があったために宣伝文句として使いやすい側面があります。ディスプレイサイズや画素数、着信音の和音数なども同様です。

ただし、カメラの場合は画素数だけでは最終的な写真の出来を語れない部分があって、消費者の誤解を招きやすいんではないかなとも思うのです。

一時期はとにかく画素数が多けりゃ高性能!みたいな感じでしたが、最近はそれも落ち着いてきて、オートフォーカスや手ぶれ補正など別の面をアピールしているのはちょっとほっとします。

逆に言えば、携帯電話の世界ではもうカメラ機能は付いていて当たり前になってしまって、客の興味を引きつけるポイントになりにくいということです。つまり、枯れたわけです。

で、次の流行に向かっていったわけですが、今まではどちらかというとハードの機能を強化する方向で動いてきました。でも最近はそろそろ携帯電話に載せられそうな機能はあらかた載せてしまって、ちょっとした行き詰まりです。

|

« ケータイの形色々 | トップページ | ケータイのWeb2.0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/12023475

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイのカメラ:

« ケータイの形色々 | トップページ | ケータイのWeb2.0 »