« [es]のフルキーボードにも慣れてきた | トップページ | 理想のケータイ »

W-ZERO3を使うシチュエーション

結論:田舎でW-ZERO3を使う機会はなかなか無い。

今週はかなりW-ZERO3を使いました。なぜかというと夜中に一人でいたからです。かなり微妙な言い回しです。

本当はもっとバンバン使いたいんですがなかなかそうは行きません。
会社にいる間は恥ずかしいというのもあり、奇異の目で見られることへの怖れもあり、ともすれば「こんなもの会社に持ってくるな!」と怒られる可能性すらある。

プライベートではといえば、ほとんど部屋にいるのでPCを使えば済むことだし、外出しても移動手段は自転車なので操作できるわけもない。車を買っても同じことだろう。

外出した先には長時間くつろげる場所があるわけでもなく、用事を済ませたらさっさと帰ってくるしかない。

これらすべての原因は、やっぱりここが田舎だからだろう。都心ならビジネスツールとしてPDAを使いこなす、なんて至って普通だし、移動は電車が多いのでその間W-ZERO3を使うことができる。外出先でも使うチャンスはやっぱり多いはずだ。

これは思い込みじゃなくて、今まで東京で生きてきたので差をすごく感じる、ということ。

…なんだか書いてて悲しくなってきたけど気にしない。田舎は田舎のW-ZERO3ライフを開拓しちゃおうと思う。かなり厳しいと思うけど。

|

« [es]のフルキーボードにも慣れてきた | トップページ | 理想のケータイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/13587532

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3を使うシチュエーション:

« [es]のフルキーボードにも慣れてきた | トップページ | 理想のケータイ »