« 最近 | トップページ | 携帯とブログ »

ケータイの行方:フルブラウザは必要か

これからしばらくケータイの行方と題して携帯電話のこれからについて考えてみます。
まずは携帯電話に搭載されるブラウザーについて。

最近某掲示板の某板では「フルブラウザは搭載しないの?」という声がよく聞かれます。フルブラウザというのはPC用サイトも不自由なく閲覧できるブラウザーソフトのことです。一般に携帯電話に乗っているブラウザーとは区別されて使われます。
このフルブラウザが搭載されているケータイは現在は京ぽんことDDIポケットのAH-K3001Vのみです。京ぽんにはOperaというブラウザソフトが搭載されており、PCでのOperaと同様にインターネットのサイトを自由に閲覧することができます。これが他のキャリア(=携帯電話の会社)のユーザから羨望の的なわけです。
一般の携帯電話に搭載されるブラウザソフトはc-htmlという、簡素なhtmlしか読み込むことができません。「ケータイ用サイト」と言われるサイトは大体このc-htmlに則って書かれています。Operaの場合は正規のhtmlも読み込み、表示することができます。c-htmlで書かれているサイトと、普通のhtmlで書かれているサイトの数には雲泥の差があります。得られる情報の量・質も段違いといえます。

しかし、携帯電話にフルブラウザが載るということは、単に情報の量が増える以上の意味を持っています。
そもそも携帯電話のブラウジングの始まりはi-modeで、いわゆる公式サイトの中でだけの利用が予定されていました。そのうち携帯電話でも見ることのできる一般サイト、勝手サイトがブームになりました。携帯電話を持つ人は誰でも、情報の発信元になれるようになったのです。
携帯電話の世界ではこうした「公式サイト・勝手サイト」という考え方が長らくされてきました。キャリアは公式サイトで月額いくら、一回いくらと料金を徴収し、利益を上げていました。お天気サイト月額100円、着メロ1曲50円。これが携帯電話の世界では普通のことだったのです。
一方PCの世界ではまったく違う世界が展開していました。少しでもインターネットを利用したことのある人は、明日の天気もあるいはお気に入りの曲をMIDIファイルで、世界中のサイトから探すことができるのを知っています。それも何の情報料もかけないで、です。PCでのインターネットの世界を知る人から見ると、少し込み入ったサービスを利用しようとするとたいてい利用料のかかる携帯電話の世界はおかしいし、不便に思えるのです。

フルブラウザはこういった携帯電話ならではの不便を一気に解消します。PCと同じように世界中のサイトを自由に閲覧し、利用することができるのです。と同時にキャリアの利益を得る仕組みが一部が崩壊することも意味します。ただで情報を得ることができるなら、みなそちらを利用するからです。これがキャリアがフルブラウザを搭載したがらないひとつの理由です。DDIポケットの場合はほかのキャリアに遅れて長らくブラウザ付の端末を出してこなかったため、公式サイトの拡充が遅れていました。なのでフルブラウザを搭載しても公式サイトを訪れる人が大量に減るわけでもなく、ダメージが少なかったということがあります。今では逆にフルブラウザという大きな魅力を手に入れることができました。
他キャリアにしても、フルブラウザを搭載すれば公式サイトとは比べ物にならない量の情報を提供することができます。一つ一つ公式サイトをそろえる手間に比べて、何もしなくてもよい点は大きな魅力でしょう。導入の際はこの魅力と今までのコンテンツ収入を天秤にかけることになります。

|

« 最近 | トップページ | 携帯とブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/905195

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイの行方:フルブラウザは必要か:

« 最近 | トップページ | 携帯とブログ »