« モンハン:いざ征かん密林へ | トップページ | Parallels for Mac 3.0購入 »

WiiWare:ドクターマリオ

これからWiiWareのレビューを書いていきたいと思います。
まずはドクターマリオから。

ドクターマリオは言わずとしれた任天堂製の落ちモノパズルゲー(つまりテトリスの仲間)で、ファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンス、それからゲームキューブのパズルコレクションで発売されています。3色のカプセルとバイ菌が織りなす壮絶な戦いです。といってもルールは簡単、同じ色のカプセルまたはバイ菌を縦横に4つ並べるだけ。
詳しいルール説明等はこちらのサイトが詳しいです。
任天堂ぱずるふりーく

WiiWare版は上記ソフトと何が違うのか。一番の特徴はインターネットを通じたWiFi対戦とWiiリモコンを浸かった操作の「細菌撲滅」が追加されていることです。

・腕に覚えのある人には嬉しいWiFi対戦
 ドクターマリオのVSモードでWiFi対戦ができます。レートがついていて、勝つと上がり、負けると下がります。で、次に対戦するときは同じぐらいのレートの人と戦えるというわけです。

実は私は対人でやるのが初めてで、結構緊張してしまったのですが、すごく楽しいです。VSならではのテクニックもあるみたいで、対戦パズルが好きな人にはかなりお勧めできます。ただアツくなりすぎるのと、ルール自体がストイックなので結構疲れます。連戦していると段々訳が分からなくなってきて、トリップ?できちゃうかも。初心者の方も腕を磨くにはもってこいです。一度はやってみることをお勧めします。

・脳トレの細菌撲滅がWiiにも!「細菌撲滅」
 覚えている方、いらっしゃるでしょうか。もっと脳トレのおまけゲームであった細菌撲滅が二つめのモードとして入っています。これがおまけかと思いきや、ちゃんとモードを張れる出来になっているからすごい。特に初めてパズルゲームに触れるような方にお勧めしたいです。

操作は、Wiiリモコンのポイントでカプセルを操作し、AボタンBボタンで回転させます。シンプル操作です。
特徴としては、
4人まで同時に操作できる
カプセルの落下速度が遅い
同時に複数のカプセルが落ちてくる
千切れた後のカプセルも操作できる
こんな感じです。いずれももっと脳トレの細菌撲滅準拠です。

カプセルの落下が遅いのは何より初心者にうれしい。よく分からないまま固定されてハイ次ハイ次とやられるとそれだけで初心者の心は萎えてしまいます。それがないのはとてもいいと思います。

4人まで同時に操作できるのもかなり楽しいです。同じフィールド内を4つのカーソルがウロウロします。このモードのいいところは初心者をなれた人がサポートしてあげられること。時々2つ、3つのカプセルが同時に落ちてくることがあります。それだけで初心者は慌てがちですが、そこで颯爽ともう一つのリモコンを取り出し、ゲームに参加できるんです。参加型パズルゲームって結構新しいと思うんですが、あまり注目されてないですね。私はここをすごく推したいと思います。

・母にやらせてみた
 落ちモノしかやったことない母にドクターマリオをやらせてみたところ、見事にハマりました。ルールが簡単なのもいいですね。もうすぐやり始めてから1ヶ月ですが既にレベル28ぐらいまでクリアできるようになっています。もう一つ、細菌撲滅もやってみてもらったのですが、こちらはいまいち。カプセルをうまく回転できないようです。原因はボタンを押すときにポイントがずれてしまうからみたいです。ボタンを押すときには腕を固定するようにアドバイスしたのですがまだできません。

・総評
色々書きましたがお勧め。特にはじめてな方は細菌撲滅で行ってみましょう。

|

« モンハン:いざ征かん密林へ | トップページ | Parallels for Mac 3.0購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/40968130

この記事へのトラックバック一覧です: WiiWare:ドクターマリオ:

« モンハン:いざ征かん密林へ | トップページ | Parallels for Mac 3.0購入 »