« Mac OS X 10.5.3 Combo Update配布開始 | トップページ | だるさが違ってきた »

Willcom03はどうなのか。

[es]から書いていますが、やっぱりフルキーとは言えキーが小さくて打ちづらいです。03はアドエスから比べて多少小さくなったものの、[es]よりは大きくて打ちやすそうなのがいいなあ。

一番気になるのは十時キーとダイヤルキーがタッチパネルになったこと。一応押すときに振動することでフィードバックがあるみたいです。ただteapadで前やったときはとても指で押せるような感じではなかったので、できればちゃんとした物理的なボタンを付けて欲しかったです。その上でモードが切り替わるなら、喜んで機種変更する。

まあ、さわりもしないでグダグダ言うのが一番良くないですから、まずはどこかで触ってみたいなあ。

[es]については今更どうこう言うことはないですが、道具としてはよく役に立ってくれたと思います。2ちゃんねるブラウザとして、またテキストかきの道具として役に立ってくれました。たまに遠出するときには動画プレーヤーとしても使えましたし、もちろん普通のWebブラウザとしてもたまに使ったり。

…よく考えてみると、電話として使ったことは数えるくらいしかないんですよね。通話のメインはケータイを使っていることもあるのですが、ほとんど電話をした記憶がありません。それでも日常用で電話が使えるという安心感は結構あります。要は「使える」のが大事なわけで。

03をもし買ったとしても、期待するのは同じところです。動画機能が強化されていたりしたら面白いけれど、PHSの回線じゃ期待できないから無線LANで再生することになるのかな。無線LANは家で使う分には結構魅力的ですね。Bluetoothはキーボードをつないでお出かけ先でテキストかきをしてみたいなあ。あとはGPSとか。まああまり色々なところには出かけないのでよく分かりませんが。

とまあ、パソコンに向かってだとあまり思いつかないようなこともぽちぽち入力できるのが[es]の楽しいところですね。そうそう、[es]で気になっているのはキーボードの固さと音です。かなり堅いので、長時間打とうと思うと結構疲れるんですよね。もうちょっと柔らかいとうれしい。あと、結構音がうるさいです。昔のケータイみたいにそれこそ「ポチポチ」音がします。電車の中では電車の走行音にかき消されますが、静かな室内だと結構気になります。それにきょうたいの角が尖っていて手が痛いのさえどうにかしてくれればもう文句無し。この3つは前にも書いた気がするのですが、何となくまた書いてみる。

|

« Mac OS X 10.5.3 Combo Update配布開始 | トップページ | だるさが違ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/41370344

この記事へのトラックバック一覧です: Willcom03はどうなのか。:

« Mac OS X 10.5.3 Combo Update配布開始 | トップページ | だるさが違ってきた »