« ワロタ!けどちょっとほしい | トップページ | ケータイ以上、パソコン未満の品にいくら出せるのか? »

iPhoneで書く雑記:ファームウェア2.0.2の実力は

※この雑記はiPhoneのメモ機能を使ってフリック入力で書いています。

ファームウェアを2.0.2に上げてみました!確かに文字入力がさくさくになったような…でもほんまかいな?測定する術を持たないので半信半疑です。このまま使い続けてどうなるか、静観というか静タッチしようと思います。こっちはしこしこ文章を書くことしかできませんから。

ま、とりあえずは快適に打てているので満足です。このままだったら自分のなかでのiPhoneの使い勝手がぐんと上がりそう。まあその前に重くなったらリセットしろや、ってことかもしれませんが。

あ、そうそう、この前思いついたのですが、これからは雑記を書くのにどれくらい時間がかかったのかも記録しようと思います。とか書いておきながら早速計測しわすれてますが(^_^;)今多分5分位だと思います。結構早いのかな?周りに持ってる人がいないので比較対象がいません。だもんで不安です。あまり速くないと自分では思っています。多少慣れてはきたものの、まだまだ改善の余地はあるなあと。

書きたいことが頭に浮かぶと一気に書きたい衝動にかられるのですが、まだiPhoneの入力が馴染んでないのでもどかしいです。頭から直結でバシバシ打てたら脳汁出そうな予感がしています。してるだけという話もありますが…

そういえばファームウェアのアップデートで辞書の学習はどうなったんだろうか。あやふやな記憶では、一応覚えてくれてる気がするんだけど…あまり定型文を入力しないのでそこらへんがよく分かりません。直近のつかいまわしなんかはすぐわかるんですけどね。

あまり英文とか書かないので、ひたすら文字打ちと変換に集中してます。「あい」でiPhoneが打てるのはケータイっぽくて便利です。アルファベットはそれくらいしか使ってないです。果たしてそれで使いこなしてると言えるのかどうか、怪しいもんです。

この時点で10分位です。まあこれだけ打てればケータイとしては十分じゃないか、という気もしますがいかがなもんでしょうか。ベル打ちだったらもう少し速く打てるかなあ。

速く打てるのも大事ですが、打った時のフィーリングも大事だと思います。やっぱり快適性や気持ちよさがあった方がいいです。自分みたいにはっきり言って不必要な文ばっかり書いてると、もう書く行為自体が目的なので、それは即ちフィーリングなのです。打つのが楽しいと書く気になるし、そうすると色々メモが採れてこうやってブログに投げるネタにもなるってもんです。

まだまだ軽いです。イイヨイイヨー!でも書ききってしまうともう湧いてこない気がするので、この辺で。

|

« ワロタ!けどちょっとほしい | トップページ | ケータイ以上、パソコン未満の品にいくら出せるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/42223786

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで書く雑記:ファームウェア2.0.2の実力は:

« ワロタ!けどちょっとほしい | トップページ | ケータイ以上、パソコン未満の品にいくら出せるのか? »