« iPhone初落下 | トップページ | ちょっとうれしかったこと »

iPhoneで書いた文章

今日からiPhoneの文字入力の練習を兼ねて雑記を書いてみます。
↓ここから

文字打ちゾーンをタップしたら反転してほしい。でないとタップしたかどうか分からない。短い文章ならこれでいけるけど、長いのを打つのは難しいんじゃないかと思う。自分の使い方ではどうも推測変換は合わないような気がする。推測変換脳にならないとダメというか。
単純に、画面が大きいのはいいことだと思う。見やすいってのは大事。見せ方も大事だけど。やはり文章作成はメモを使うのが一番なのかな。軽くないと使う気にならないし。変換候補の表示が時々おかしくなるのはご愛敬か。

言うほど文章書かないってのはある。書けない。考えているあいだに忘れちゃう。

iPhone使ってると画面の解像度はそれほど問題ではない感じがする。あの小さい画面に高精細な液晶を載せてもオタクしか喜ばない。見やすいのが大事なのだ。

コピペはあった方がいいに超したことはないのだけど、無くても何とかなっている。自分の使い方の場合だけど。仮に機能を付けるとして、どうやってアサインするんだろうか。有りそうなのは二本指タップとかかな。

結構文字を打った気がするけど、今のところもたつきはない。この調子で行ってくれるといいんだけどね。

予測変換を鍛えるにはどうすればいいんだろう。無変換確定じゃなくて変換候補から選ぶようにするとかかな。

今回はずっとテンキーで打っている。できればタッチタイプしてみたい。けれど、物理的な引っかかりが無いので結構難しい。少しぐらいは打ち間違えても補正してくれるので、ちょっと助かる。予測変換ってずっと変換候補を見てないとダメな方式なので、タッチタイプ出来ないと視線の移動が激しくて疲れてしまう。
ホームポジションは、右手は本体を持ち、左手でフリックする。まだまだ慣れない。い行とえ行をよく間違える。たまにこれも補正してくれる。基準がよく分からない。

何度も書くけど、フリック入力を極めたらかなり速く入力できるに違いない。でも極めるまでが大変だ。今やっているような練習は辛いけど楽しい。早くスラスラと打てるようになりたい。

|

« iPhone初落下 | トップページ | ちょっとうれしかったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/42147539

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで書いた文章:

« iPhone初落下 | トップページ | ちょっとうれしかったこと »