« 今日一番ショックだったこと | トップページ | ビューアとしてのiPhone »

iPhoneの写真の管理

写真の管理ってめんどくさげーですよね。
iPhoneをMacにつなぐとiPhotoが自動的に立ち上がるんですけど、毎回毎回毎回出てくるのがちょっとうざい。新しい写真撮ってないのに「取り込みますか?」って聞かれちゃうし。

そこで解決策を考えて、調べてみました。※素人の挑戦なのでなにかあっても責任取れません。ごめんね

1:iPhotoを立ち上がらないようにする

アプリケーション>イメージキャプチャ を起動して、環境設定を開きます。
で、このように設定。
Screenshot10
するとiPhoneを繋いでも立ち上がらなくなります。iPhotoでとりこみたい場合はiPhotoを立ち上げればOK。

2:iPhotoのスマートアルバムで撮った写真を待避する
新しく写真を撮ったときだけiPhotoを立ち上げるようにします。

1)iPhotoにiPhoneカメラロール用のスマートフォルダを作る。
スマートフォルダを作ります。抽出条件は

タイトルが「IMG」で始まる or カメラの機種がiPhoneである

にします。こうすると、スナップショットも一緒に入ります。スナップショットが要らないなら後者の条件だけでOK。

2)iTunesの自動同期をオフにする、
iTunesの自動同期を切ります。理由は、繋いだ瞬間同期が始まってしまうとiPhotoでの取り込みが反映されないからです。設定はiTunesの環境設定>同期 タブにあります。

3)iPhoneを繋いでiPhotoに写真を取り込む
繋ぎます。カメラロールに画像があればiPhotoが起動するはずです(取り込みをiPhotoで行っていた場合)。

取り込み後の画像は削除にチェックマークを入れます。取り込みボタンを押すとどう削除するか聞かれますが、オリジナルを削除を選びます。ちょっと怖いという場合はオリジナルを残す、を選択しても構いません。

取り込みが終わったらさっき作ったスマートフォルダをみてみましょう。カメラロールの画像が全部フォルダに入っているはずです。一方iPhoneのカメラロールは空っぽになります。

4)iTunesでスマートフォルダの同期設定をする
さっき作ったスマートフォルダがiPhoneに反映されるように、写真タブでスマートフォルダにチェックを入れます。全部同期する設定でもOK。

5)iTunesで同期
同期ボタンを押してiTunesを同期します。iPhoneに新しいフォルダができて、その中にカメラロールに入っていた画像が入っていることを確認してみてください。

…2番目はなんだかえらく回りくどいやり方なのですが、いちいちiPhotoが起動してキーッ!ってなる人にはお勧めです。こうすれば撮った写真が無いときはiPhotoが立ち上がりません。


|

« 今日一番ショックだったこと | トップページ | ビューアとしてのiPhone »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/42064675

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの写真の管理:

« 今日一番ショックだったこと | トップページ | ビューアとしてのiPhone »