« SuperMonkeyBallが簡単になって帰ってくる?! | トップページ | 母でも扱えるiPhone »

iPhoneで書く雑記:落ちるSafari

サファリはよく落ちる。でも、開いてたタブを覚えていてくれるので、割とダメージが少ないのに気がついた。…落ちるの前提なのか?

寝っころがって文字打ちできないのはiPhoneのひとつ弱点かもしれない。タッチパネルの部分に指を添えてホールドができないからね。物理的なキーボードにも良いところはまだまだあります。

後は、ケータイとしては微妙に重いので、寝たままもつのが疲れます。くだらない理由だけど自分には大きかったり。

あ、今日も測定を忘れてしまいました…今5分ぐらい?テキトーです。

今はまっているのがRSSリーダーでiPhone関連の記事を読みまくること。朝起きると未読が300件とかなっていて、愕然としつつもちまちま読んでいくのが楽しいです。使っているのは前にコメントで教えてもらったソフトで、これは後日改めて紹介したいと思います。

iPhoneはそこそこの厚みがありつつも握りやすいのはひとつ良いところですね。幅が広いからホールド感は余り良くないけど、端っこが丸く薄くなっているので落としたりはないかな。

扱う時は大体両手です。片手でもいけないことはないけど、そのまま操作しようとすると、親指がつりそうになります。だから、自然と両手で扱っています。いつもは右手で持って、左手で操作。左利きだから操作しにくいのはいまのところあまり感じません。アプリによっては左利き設定がついているものもありますが、だからと言ってすごく操作しやすくなったりはしてない。まあ普通に扱えるので、左利きの人も心配は要りません。

今日はあんまり打つのが速く無いです。考えながらやってるからかなぁ。書きたいことが決まってるならガンガン行けるんだけども。そういう日もあるってことですね。

どうもiPhoneは危なくなったらアプリをさっさと落としてOSを守ろうとする傾向があるんではないかと勝手に疑っています。それくらいよく落ちます。いままでのケータイをイメージしてると面食らうポイントのひとつです。挙動としては正しいんだけど、機能が働きすぎ!もうちょっと安定してくれたらいいのですが…

※この雑記は、iPhoneのメモアプリを使ってフリック入力で書いています。

|

« SuperMonkeyBallが簡単になって帰ってくる?! | トップページ | 母でも扱えるiPhone »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/42232859

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで書く雑記:落ちるSafari:

« SuperMonkeyBallが簡単になって帰ってくる?! | トップページ | 母でも扱えるiPhone »