« 今日という日は | トップページ | iPhoneで書く雑記:普及してきた? »

ケータイ世代とパソコン世代の間には、暗くて深い河がある

もじりがへたくそですいませんすいません。

iPhoneがらみのブログ記事を見るにつけ思うのが、ケータイ世代とパソコン世代の隔絶。なぜか知らんがiPhoneを褒める記事では決まってケータイが貶されるほどではないものの、否定的に書かれている。

そもそも「○○世代」って言葉を使うのがちょっと抵抗ある。そうやって自分はこっち側あなたはあっち側とはっきり峻別できるものなのか、わたしにはわかりません。

自分は、割とケータイをガンガン使う方でした。webも見るし、GPSも使うし、おサイフケータイも使ってたし、カメラは当然、動画も時々、アプリでゲームをやったり。毎月データ定額の上限振り切って使ってました。

一方でパソコンも普通に使っていました。アプリケーションの開発はしませんでしたが、ソフトをインストールし、インターネットを見、メールを読み書きし、ニコニコ動画を見たり、チャットしたり、写真を編集してみたり、音楽聴いたり…

両方それなりに使いこなす。そんな人は世の中にごまんといるのじゃないだろうか。ごまんといて、その上でケータイを主に使う人がいたり、パソコンを主に使う人がいたりする。そういうもんだと思いこんでたんですが、ちがうんかな?

今のところ、自分の人生の中でケータイしか使えない人には出会ったことがないです。っつーか、ケータイが使いこなせるんだったらパソコンもらくらく使いこなせると思うし、逆も然り。そこんところ、どうなんでしょうか。

今の自分の情報源は主にブログなのですが、まあ、ブログを書く人は頼まれもしないのにパソコンなりケータイなりで文章打ち込める人なので、その時点で既にバイアスがかかってるんですよね。今一番読みたいブログは、ケータイ、パソコンを初めて持って四苦八苦してる人のブログだったりする。そういうブログってすごく貴重だと思うんですがどうでしょうか。あ、オヤジに書かせてみようか。

デジタルディバイドということばがあって、使える人と使えない人の間には色々段差が生じるということなんだけど、パソコンしか使えない人とケータイしか使えない人の間には亀裂があるのかなあ(優劣の問題ではなく距離の問題)。互いに独自の機能があるから、どっちを使うかじゃなくて、両方使ったらいいじゃないかなと思うんだけど。

ブログを見るに、今までどちらかというとパソコンを主に使っていた人がiPhoneを持って、これすげぇ!みたいな話になってる。で、ケータイ(笑)なんてつかってらんねー、と。なんかそれってすごくもにょる。一方ケータイを主に使ってた人から見たiPhoneはアイフォーン(笑)なわけで。

互いをちゃんと使ってない、理解(ということばは大げさかもしれない)してないと、頓珍漢なほめ方になったり、不必要に貶たりおかしな表現になるんじゃないかと。

あーなんだか言いたいことがまとまらないや。

iPhoneが日本でも出て、まだどういう評価を得るか固まっていない今が面白い。

パソコン側から見たら、今まであまり考えようとはしてこなかったケータイについて、色々考える良い機会になってるんじゃないか。ケータイ側からしたら、ガラパゴスとまで揶揄された今までの環境についてもう一度考え直す機会になってるだろう。

うーん、やっぱりパソコンだからとかケータイだからってのは無理がある気がするんだよなあ。二つを区別する決定的な差ってあるんだろうか。

|

« 今日という日は | トップページ | iPhoneで書く雑記:普及してきた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/42368124

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ世代とパソコン世代の間には、暗くて深い河がある:

« 今日という日は | トップページ | iPhoneで書く雑記:普及してきた? »