« 破滅のひかりー | トップページ | なんだかなあ »

Tunblrをやってみて気づいたこと

Tunblrをやるっていう言い方になんだか自分でも変なものを感じるんだけど…。
ブログだったら書く、でいいけどTumblrは書くだけじゃないし。するとかやるとしかいえない。
あ、嗜むってのはいいかもしれないな。嗜む。

で。
おおよそWeb上のものほとんどにreblog出来るわけです。
つまり見るもの聞くもの全てを「reblogできるもの」として見るようになりました。

あっこれいいな!とか、
これはちょっと気になるな。とか、

自分の琴線にちょっとでもひっかかるものがあると、それを認知し、reblog出来るようになりました。
これはかなりすごいことだと気づいたのは最近のことです。

まず、Webだけじゃなくリアルな事象についてもreblogしたくなってきました。町中で見た変な人、変なもの、電車の中で見たもの、今日のご飯…
これだけなら単なるTumblr中毒というかreblog脳です。ただのやばい人です。

で、ここのところ本を集中して読んでいるのですが、本の内容にもreblogしたいと思ってるのに気がつきました。
このフレーズはとっておきたいなーとか、内容に一言文句をつけたくなったり。

普通はそういうのを抜き書きとか感想文と言ったりするのですが、自分にとってはそれらはなんだか酷くめんどくさくて退屈なものでしかなかったんです。

でも、reblogすればいいんだと思ったらとても簡単なものに思えてきて、そして実際簡単でした。付箋を貼ったりメモをとったり、やることは変わらないのにすごく気軽にやれている自分に気がついたんです。

ちょっとした自分の思いつきや考えをメモするのも億劫ではなくなりました。reblogするようにすればいいんですから。気軽に出来る分前より残したいと思う気持ちが強くなったかも知れません。

残しておけば見返したり検索したり出来て便利なのはもちろんわかっていましたが、実際にやるとなると結構負担に感じるものです。でもTumblrをやってる人ならそれが簡単にできるんです。これってすごいと思った。

本末転倒だけど、そのためにTunblrやってもいいんじゃないかと思うくらい。
reblogするようにやればいいんです。

|

« 破滅のひかりー | トップページ | なんだかなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/43398033

この記事へのトラックバック一覧です: Tunblrをやってみて気づいたこと:

« 破滅のひかりー | トップページ | なんだかなあ »