« 異例の事態 | トップページ | Evernoteのタイムバンドを晒してみる »

わかりません

やる気があれば何でもできる と人は言う。
裏を返せば、やる気のない人は何をやってもダメなのだ。

では、やる気のない人にやる気を出させるにはどうしたらいいか。
ちょっと見て回っただけだが、納得のいく解答は皆無だった。
とにかくやれ、とか死ぬ気でがんばれば、とかそんなのばかりだ。

打ちひしがれた人は一体どうやって立ち直ればいいのか。
一日の大半をどうやって死ぬか考えてる人に何かをさせるにはどうしたらいいのか。
やる気のない人への世間の風はかなり冷たい。
やる気の無い人の中にはやる気の出せない人も多少は混じってるのではないか。
怠け者と一言で片付けてしまってよいものか。

そもそもやる気ってなんなのだ。熱意?欲望?意欲?
意欲で検索したら

物事を積極的にしようとする意志・気持ち。

と書いてある。
積極的ってなんだ。もやもやした言葉が並ぶばかりでちっともわからない。

|

« 異例の事態 | トップページ | Evernoteのタイムバンドを晒してみる »

コメント

自分の心に火がついたとき、それをやる気と呼べばいい!と思っています。
言葉で全てを理解しようとするのは、なかなか難しいんじゃないかな。

他人にやる気を起こさせるってのも難しい問題ですよねぇ。
やる気を起こさせたい人に処理できそうな責任をちょっとずつ与えていくのはどうだろう?
責任を処理していくことによって、自信がつき物事への意欲が湧く→責任を与える→以下ループ。
人によってって問題もありますがね。

自分はあまり頭で考えすぎず、行動していればそのうちやる気出てくるタイプですね。
なので社会から見たら印象悪いかも。

投稿: yz | 2009.09.18 19:42

>>yzさん

ちょっとずつ責任を与えるってのはいいかもしれないですね。
徐々になら行けるかも。

行動が先に来るタイプの方がきっといいですよ。
あたまでっかちだともたもたしていかんです。

投稿: 浮草 | 2009.09.19 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/46240350

この記事へのトラックバック一覧です: わかりません:

« 異例の事態 | トップページ | Evernoteのタイムバンドを晒してみる »