« iPad発売まで後2日 | トップページ | iPad:いよいよ明日日本発売 »

iPadとDSiLLの共通点

任天堂とApple、何故か最近この二つの企業が比較されることが多いです。
それは、主にAppleがゲーム業界に殴り込みをかけたような風に見られている事の表れなのでしょう。

JobsたんはしきりにiPhone向けゲームの本数を使ってDSやらPSPを煽ってますけども。
ゲーム業界側は冷静に見てると思いますね。あれはJobs流のラブコールなんでしょうきっと。

さて、表題について。
iPadとDSiLLの共通点はどこにあるでしょうか。

答えはディスプレイにあります。
両方とも大画面のディスプレイを売りにしている製品です。
しかも、両方とも広視野角を特徴としています。

つまり、どっちも一人だけで使うものではなくて、周囲の人がのぞき込めるように作ってあるんです。
任天堂の岩田社長ははっきりこの点について触れています。
DSは一人に一つのデバイスで売ってきましたが、遊んでいる姿がもってない人への良い宣伝になっていると分析。
そのうえで、周囲の人がより参加しやすいようにIPS液晶、より大画面のディスプレイを採用したと。

iPadの場合は明言されていませんが、多くの人がこの点を指摘しています。

「大画面?画面がでっかいだけじゃないか。なんの意味があるの?」と思われがちですが、
なんというか、ニアバイソーシャルに大きな影響があるのではないでしょうか。
このメリットを数値化するのは大変です。
が現に任天堂のDSが爆発的に売れて任天堂自身が分析しているのでそーなのかなーと。

遠いようで近いようで、二つの企業の動向に今後も注目です。

|

« iPad発売まで後2日 | トップページ | iPad:いよいよ明日日本発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/48469271

この記事へのトラックバック一覧です: iPadとDSiLLの共通点:

« iPad発売まで後2日 | トップページ | iPad:いよいよ明日日本発売 »