« 3DS体験会 | トップページ | あさひとこと »

家事男子に送る洗濯のコツ2つ。

さっき洗濯ものを干してきたんですが、洗濯のコツを閃いて実践したら良い感じだったのでメモっときます。

「外さみーし手が荒れるしやだなーやだなー(´・ω・`)」と思いつつ、
洗濯機からしわしわの洗濯物の塊を取りだしている時にひらめいた!

1.もの干し場に出る前に暖かい室内である程度広げて仕分ける
2.手袋したまま干す

で、やってみました。

1,もの干し場に出る前に暖かい室内である程度広げて仕分ける
物干しのフローは
こんがらがった洗濯物をほどく

一つ一つとりだして

パンパンして(しわを伸ばして)

つるす

こうです。
よく見てみると、実はパンパンするところまでは外じゃなくてもできるんじゃね?
と思ったのであったかい居間でやりました。
シャツ、パンツ、靴下、ズボン、大体のジャンルに分けてしわを大体伸ばして。
もう一度せんたくかごの中に。
そのまま持って行きあとはつるすだけ。自分が外に晒される時間少ない!楽!

2.手袋したまま干す
これは季節問わずなのですが、私の肌は超乾燥していて特に指はずっと皮剥けの傷だらけです。
洗濯物干すのは濡れた布を触りまくるので手の油分という油分が根こそぎ持って行かれ大変辛い。
じゃあ、と思って手袋したまんま干してみました。
手袋は綿のふつうのやつです。びしょびしょになるかなと思ったら意外と平気。
そして指へのダメージを最小限に防げました。
1の通り、部屋でゆっくり事前にやれば手袋越しでもちゃんとしわ伸ばせます。

とまあそれだけなんですけど、洗濯のめんどくささと辛さがだいぶ軽減したのでおすすめ。

|

« 3DS体験会 | トップページ | あさひとこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/50612970

この記事へのトラックバック一覧です: 家事男子に送る洗濯のコツ2つ。:

« 3DS体験会 | トップページ | あさひとこと »