« ブログの書き方 | トップページ | これは… »

えっさほいさとiPad2で文字を書いてみる

※この文章はiPadの内蔵キーボードで作成しました。

iPad2を購入してから、とりあえずこれでできることにどんなことがあるのかなと色々ためしています。
一番の用途で考えているのはエディタ。文章を書くための道具として見てます。

前から何度も何度も書いていることではあるんですが、私はあるデバイスを使いこなすためには文字入力の方法の習熟がある意味不可欠だと思っています。
それはあらゆるアプリケーションで文字入力を使うから。
文字を打たずに済むデバイスはきょうびあんまりありませんし、文字が打てることで見えてくる、開けてくる可能性がとても広いことにある時気づいたからでもあります。
文字入力を制する者はそのデバイスを制する、というのはちょっと誇張ですがあながち間違いでもないと思っています。

そのつながりでブログが書けないだろうか、とか、チャットができないだろうか、とか、色々考えています。

文字入力というのはデバイスにとって割と負荷のかかりやすい作業です。
それが日本語ならなおさら。変換がありますからね。
という事情があって、そこそこ性能が良くないとまともに入力作業が成り立たなかったりもします。
その点iPad2は申し分ないです。
いくつもアプリを起動していてもエディタは軽快に動きます。
正に文章入力にうってつけと言えるのではないかと思うのです。

さて、ここまで書いて詳しい人なら疑問を持つはずです。
「Bluetoothキーボードは使わないの?」と。
iPad2はBluetoothキーボードも使えます。じゃあそれ使えばいいじゃないのと。
確かにリアルキーボードは便利です。けれども今回はなるべく使わない方向でいきたいと思っています。
なぜか。単純に使えない場所もあるからです。

私のiPad2の利用シーンは自宅はもちろん、外に持ち出して使うことも考えています。
カフェなど十分なスペースが確保できる場所でならBluetoothキーボードは強力な助っ人になります。
けれども、例えば電車の中だったり膝の上に載せて使うシーンでは外付けキーボードは厳しいです。
やはり、スタンドアロンで十分使えるようにしておきたいんです。
というわけで内蔵キーボードを練習したいと思います。

そして今こうして書いているのも内蔵キーボードです。
正直去年両親にプレゼントしたiPadではそれほどガンガン入力を試さなかったのであまりうまく打てないままでした。
今回はちゃんと自分用に揃えたので十分時間をとって練習できるようになりました。

やっぱり、入力は楽しいです。なぜかはわかりませんが。
自分の考えが文字に起こせてそれを読めるのは面白いなあといつも思います。

|

« ブログの書き方 | トップページ | これは… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/51562721

この記事へのトラックバック一覧です: えっさほいさとiPad2で文字を書いてみる:

« ブログの書き方 | トップページ | これは… »