« WM3500Rの大きさ比べ | トップページ | ブログの書き方 »

ポケタイキーボードのすごさを語ってみる

iPhoneでも使えます。
flickr.comiPhoneでも使えます。 Photo by ukikusa3113

まず、発売日以降メインPCのキーボードをポケタイキーボードに変更しました。
それぐらいやらないときっと使った感じが報告できないと思ったので。

で、結論から言うと、すっごく使いやすいです。このキーボードほんとすごい。
列挙してみましょうか。

・キーすっきり。でもローマ字入力に必要なキーは最低限網羅している
・キートップに余分なものがないのですっきり。
・デザインが超シンプル。外で使っても全然いける。
・薄い、軽い。
・電源がスライドスイッチなのでわかりやすい。電池の浪費も押さえられる。
・電源は単3二本。よくある単4じゃないのでより入手しやすい。
・遅延、取りこぼし一切無し。

キーの配置についてもうちょっと詳しく。

・USキーボードに近いんだけど、全角半角がある。
・Controlが左端にあるので押しやすい。
・Fnは右の方にあり、カーソルキーとの同時押し(PageupやHomeなど)が片手で可能。
・Enterが日本語キーボードっぽいデカい奴なので押しやすい。
・キーの間隔は結構絶妙。縦に詰まっているが慣れるレベル。
・ホームキー(家のマークのキー)はつまりWindowsキーであり、Commandキーである。汎用的。
・キータッチは軽く浅い。ノートパソコンに近い。

そしてなにより

・無線でしかも小型なので取り回しがとても楽
・Bluetoothの汎用的なプロトコルであるHIDに準拠している。

ですよね。

メインPCで一週間以上使い続けていますがかなり便利です。
こたつをテーブル代わりにしていて、作業中もいろんなものを置くのでときたまキーボードをどかさないといけないケースがあります。そう言うときに横にぽいっとよけておけるのはすごくいい。
そして小型キーボードにありがちな無理なキー配置がないので、無理になれないと使えないということがありません。上に書いたとおりでちょっと上下が詰まっているのですが、そこだけ気をつけて打っていれば慣れます。

これがソフトの付属品として作られ、実売5000円で買えるのがほんと驚きです。
任天堂の底力というか、恐ろしさを垣間見た気がします。
ポケモンタイピングのソフトもレビューしたいのですが、ある意味任天堂のヤバさがにじみ出た良い意味で狂ったソフトなので是非やってみてほしいです。

公式サイトの「社長が訊く」にも取り上げられていますので、興味を持たれた方は是非読んでみてほしいです。

|

« WM3500Rの大きさ比べ | トップページ | ブログの書き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/51559372

この記事へのトラックバック一覧です: ポケタイキーボードのすごさを語ってみる:

« WM3500Rの大きさ比べ | トップページ | ブログの書き方 »