« WiMAX開通。 | トップページ | WM3500Rの大きさ比べ »

WiMAX。実際のところどうなの?

総評:思っていたよりはつながるし速い。けど課題もちらほろ。


自分の持っていた印象。

○良い印象

・結構安い。
・早い

×悪い印象

・エリアかなり狭い
・対応機器がこなれてない

こんな感じでした。。

まだ2日しか使ってないですが、一つずつ検証してみます。

・結構安い。

これは確かに。月3600円で運用できて無線LAN対応機器なら大抵繋げられるようになっています。
データ通信の中では後発なので頑張ってユーザーを獲得したい思惑からかなりバラマキ価格。

・早い

一つ前のエントリを参照して頂きたいのですが、自宅など固定された場所ならかなり安定して高速通信が可能です。
また外で移動中でもエリア内ならそれなりの速度が出ます。いわゆる3Gよりは速いです。

・エリアかなり狭い

これがいまのところ一番のネックではないかと思います。
人工カバー率は66%ぐらいらしいですが、ちょっと郊外に行くと厳しいかも。
都市や住宅地が利用場所であるなら問題はなさそうです。それ以外は…
そして東京近郊で一番困ると思われるのが地下の弱さ。
地下鉄は一部を除いてまだ未エリアです。

・対応機器がこなれていない

これも買ってみてわかったことなのですが、少なくともWM3500Rはファームウェアがまだまだみたいです。
つい先日2.0.0がリリースされたのですが、安定性の問題から前に戻した方がマシと言われる始末。
メーカーによって事情は異なるのでしょうけれども、枯れるまでにはもうちょっと時間がかかりそうです。


|

« WiMAX開通。 | トップページ | WM3500Rの大きさ比べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5820/51558525

この記事へのトラックバック一覧です: WiMAX。実際のところどうなの?:

« WiMAX開通。 | トップページ | WM3500Rの大きさ比べ »