Bluetooth

Airpodsは普段使いにちょうどいい無線ヘッドフォン。

IMGP4756

2016年の年末に注文して今朝(2017年1月4日)届きました。
iPhone7と同時に発表されていながら実際に手に入ったのは何ヶ月も先。やばい遅れすぎ。

製品の種類を説明すると、Bluetoothヘッドフォンになります。
左右が完全にバラバラの無線ヘッドフォンは2015年あたりから流行りだして、
Appleも参入したかたち。

どんな製品か、いろいろなメディアでレビューされてますのでここでは割愛して、
実際に使ってみてどういう人に向いてるかにフォーカスします。

向いている人:

イヤホンの紐が首にくっつくのがすごく嫌な人
ジョギング好きな人
家事しながら音楽聴きたい人
外歩きながら音楽聴く人

向いてない人:

音質にこだわる人
音ゲーを遊びたい人
音楽聴くときに音量や曲飛ばし、再生停止を細かくしてる人
おっちょこちょいな人


こんな感じです。

IMGP4759
▲内容物。lightningケーブルが付いてくるのがちょっと嬉しい。


・平均的音質の分離型Bluetoothヘッドフォン。

という製品に使い方が合うかどうか、だと思います。
最近ようやく改善されてきましたが無線のヘッドフォンの音質はまだまだ低いです。
そんな中で有線の、iOS機器に標準添付されてきたEarpodsとほぼ同じ音質なのは結構すごい。
まずそこに納得できるかどうか。

そして完全分離型であること。
これは便利に感じる人が多いでしょう。ケーブルはやはり不便だしうっとおしい。
イヤホンのケーブルが特に気になるのは、歩いたり走ったりするときです。
ケーブルが服や体に触れて出る音がコードを伝って直接耳に届き不快です。
タッチノイズと言われるこれがAirpodsでは完全になくなります。ばんざい。

・無線であることのデメリットを受け入れられるか。

Airpodsの持つデメリットは大きく二つ。
電池が持たないことと、それ自身で行えるコントロールが少ないことです。

電池持ちは本当にやばい。単体で付けっ放しにしているとみるみる残量が減っていくので
心配性な人には辛いかもしれません。
既存のBluetoothヘッドフォンも電池の制限がありましたが、
左右のユニットがケーブルでつながっていたためまだなんとかなっていました。

Airpodsは左右がバラバラなので左右それぞれのユニットが無線通信を行い電池を消耗します。
しかもそれぞれがとても小さく軽いので、つまり電池がないのです。
メリットと引き換えに背負った宿命と言えます。

ユニットを収納するケースはそれ自身が電池を搭載していて納めたユニットに充電します。
充電スピードが結構早いのが救いですね。
耳から外したらほったらかしにせずすぐケースにしまう習慣をつければなんとかなるかな?
IMGP4754
▲隣はiPhone7。厚みはそれなりです。

もう一つのデメリットはちょっと説明がしづらいんですが、
一言で言うと「ボタンが付いてない!」です。
タッチセンサーがついており、左右どちらでも指でコツコツ叩くと操作ができます。
しかしSiriの呼び出し、音楽の再生停止が排他でどちらか一つしか設定できません。
Siriで「音楽を止めて」とか言えばもう一方もカバーできますが
いつも声を出せるシチュエーションでもないでしょうし、不便。
気分に合わせてどんどん曲送りする人には向いてないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいBluetoothキーボードを買ったんだけど

image
flickr.comimage Photo by ukikusa3113

手持ちのドングルと相性が悪いらしくて再接続がうまくいかない…
3つの親機と切り替えながら使えるのが特徴なのに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FILCOのBluetoothキーボードを購入しました

ずーっと物色し続けていて、ほしいなあほしいなあと思っていたんですけど、
ちゃんと試した方がいいだろうと思って購入して見ました。

FILCOのBluetooth対応メカニカルキーボード、Majestouch MINILA Air
というキーボードです。

ここのは知ってる人たちには有名なブランドらしいです。
見た目が全く同じキーボードなんですけど、タイプが4つに分かれていて、
今回私が購入したのは黒軸というタイプ。

お店にお試し用みたいにキーボードが置いてあって触って見てわかるんですが、
スコスコしてたり、
カチカチしてたり、
カショカショしてたり、
スショスショしてたり、

打った感じがいろいろ違うタイプが揃っております。
基本的にどのタイプもいつも使っているキーボードよりは軽めのタッチで、
たくさんもじをうつひとにも負担の少ないのがウリらしい。

…で、なんでそんなに買うのをためらっていたかというと、
ぶっちゃけ結構高いんですよこれ。
13000円くらい。

つまりこれはモバイル用のちょこっとしたものじゃなくて、
完全に日常のメインとして使うものだということです。

実際それくらいの強度や品質はありますし、
あっこれすごくいいものだ、という感触が開封して打ってみてすぐわかるぐらいによいものです。
よいものですけどマニアックですね…

Posted from するぷろ for iPhone.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リュウドのBluetoothキーボード RBK-2100BTJがバージョンアップ

http://www.reudo.co.jp/rboardk/rbk2000bt2/2100btj_ver21.html

というわけで2.0から2.1へバージョンアップしての発売になるそうです。
変換キーがスペースキーとしても使えるってのは単純に便利ですね。
スペースキーは広い方がいい!と言う方もたくさんいらっしゃるようなので。

それと、日本語配列に対応していないiPhone/iPadのためにキートップのシールを配布するそうです。
こちらは2.0を購入した人にも無料でくれるらしいので申し込んでみました。
それほど激しく使うわけではありませんがシールなのではがれちゃうかもしれないですね…
どうなんだろうか、そこのところは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RBK-2100BTJ。こんなものがついてた!

先日購入しレビューも一つ書きましたリュウド社のBluetoothキーボードことRBK-2100BTJ。
実は先ほど新事実が明らかになりましたのでお伝えしておきます。

あらまあ、スタンドが付いていたなんて!
IMGP3019.JPG
IMGP3019.JPG posted by (C)浮草
全然気づかなかったよ…説明書は読んでみるものですね。
このスタンド、折りたたみ式の癖にやたらよくできていて、チルトは三段階に変更可能。
IMGP3020.JPG
IMGP3020.JPG posted by (C)浮草
しかも背もたれの背を伸ばすこともできます。
IMGP3021.JPG
IMGP3021.JPG posted by (C)浮草

iPhoneを置くとこの通り。
IMGP3022.JPG
IMGP3022.JPG posted by (C)浮草
たて
IMGP3023.JPG
IMGP3023.JPG posted by (C)浮草
よこ

さすがにiPadみたいな重量物は無理ですが、PDAやケータイの類なら大丈夫そうです。
小さな筐体に色んな仕組みがつまったRBK-2100BTJ。
ガジェット好きなら一つ持っておくと色々使えて便利そうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bluetoothキーボードを使ってみた感想

キーピッチは普通なので普通に打てます。
ロックは棒一本らしいので若干たわむ…というかかなり不安定ではありますが、使えないことはないという感じ。

なんというか、いたって普通に使えるのでこれといって特別にレビューする内容がないのが実際のところです。
それぐらい良くできている製品だと思います。
値段はかなり高めではありますが、値段分の機能と携帯性はあるのではないかと。

まだ買ってから日が浅く、それほど打ち込めていないのでとりあえずちょろっと使った感想はこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リュウドのBluetoothキーボード、RBK-2100BTJを購入

http://www.reudo.co.jp/rboardk/rbk-2000bt2.html

ついに、買いました。
IMGP2954.JPG
IMGP2954.JPG posted by (C)浮草

一言で言うと大変よろしい感じです。
iPadで使うのを主な目的に買ってみました。
リュウドのBluetoothキーボードは英字と日本語の2種類があります。私はRBK-2100BTJを選びました。
単純にキーボード配置の問題もあるのですが、iPadとの相性問題もありまして。

iPadの対応機能と制限事項

やっぱり開いたらパッと使いたいので、自動接続できる日本語版にしました。

キーボードのピッチはほぼノートパソコン並み。
IMGP2951.JPG
IMGP2951.JPG posted by (C)浮草
普通にらくらく打てます。
エンターキーが小さいのが一部の人からは文句が出そうですが、私は全然気にならない方です。
IMGP2953.JPG
IMGP2953.JPG posted by (C)浮草

キーボードは半分に折りたためて、大変コンパクトでございます。
IMGP2955.JPG
IMGP2955.JPG posted by (C)浮草
大きさはDSLiteを一回り大きくしたぐらい。厚みはDSLiteとほぼ一緒。

IMGP2956.JPG
IMGP2956.JPG posted by (C)浮草
ロック機構がついているので打っている途中でぐんにゃりしてこまることはないです。
ただし、それほど頑丈なロック機構ではないので、気合いを入れて折ってしまったら…やばいっぽい。

IMGP2957.JPG
IMGP2957.JPG posted by (C)浮草
動力源は単4電池2本。数ヶ月は使えるらしいです。
残量が減るとランプが点灯して教えてくれるらしい。

IMGP2958.JPG
IMGP2958.JPG posted by (C)浮草
セットしてみたの図。
こうやってみるとけっこう良い感じかなーなんて。
各デバイスで使ってみた感想は別立てでお伝えします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年はbluetoothのキーボードが来る!

いや、というか随分前から流れが来てるはずなのですが、実際のところなかなか認知されてないのかなーと。

勝手な予想ですが、今年はbluetoothのキーボードがくるんじゃないかと。
多分次期iPhoneはHIDプロファイル対応で外部キーボードが使えるようになる…んじゃないかなあと。
それを見越してサードパーティから相次いでキーボードが発売される…かな?

弱気ですがそんな気が。

正直に言いますと、自分がほしいだけです、はい。
リュウドのRBK-2100BTJというキーボードが良さそうだなと思ってます。
用途はwillcom03用。やっぱり外部キーボードはいいよなーと。
親指でQWERTYキーボードを操るのも通ですが、03はキーが小さく若干打ちづらいです。
慣れるまでの辛抱なんですが、過去親指QWERTYで慣れた事がないので今回も無理かな。

そうそう、このキーボードの評判を調べていて一つ気がつきました。
ポメラと同じ使い方をスマートフォン+外部キーボードで実現できないかと考えている人が結構いる。

何を隠そう私もその一人です。
「ポメラほしいなー」「でも書いた文章を送ったりするのがめんどそう」「メール送信機能でも付かないかな、ポメラに」
と考えていました。
もし、手持ちのケータイに外部キーボードを接続できたら悩みは一気に解決するはずです。
キーピッチの大きいキーボードでガンガン入力し、ケータイお得意の通信機能でどこへでもメールができるんですから。
しかもbluetooth。俺は青葉を使いこなしているんだゼ!という満足感にも浸れます。
…それは冗談としても、単純にケーブルを繋がなくて済むのは大きな利点と言えそうです。

スマートフォンとRBK-2100BTJがあれば重いノートPCなんぞ要らないよ!となるかどうかはわかりませんが、
プレーンな文章を書いてどこかへ送るのが仕事の人だったらそれでいけそうな気もします。

とまあこんな感じですごく買う気になっています。
ただ買ってもいいんですが、今後本当にiPhoneがHIDに対応した場合不都合なく買えるのかどうかがちょっと気がかりです。
bluetoothは汎用的な規格の癖に割と相性問題とか、このドングルにはこのレシーバしか対応してませんとか、
そういうよく分からないことが多いからです。
細かい使い勝手を追求していくとどうしてもここの機器向けにカスタマイズせざるを得ないのでしょうけども。
なるべくならiPhoneの動作確認が取れたものを買いたいなあと考えています。

それとWiiにはせっかくbluetoothが載ってるのにキーボードが使えないのはちょっと残念。
普通はテレビから数メートル離れたところで遊ぶものなので、対応してたらかなり便利だったのになあ。
ファームウェアのアップデートでは対応できないのかな。

前述のキーボードのお値段は9000円。
買った人の評判を見る限りほぼ絶賛(つまりそれほど標準の入力方法がダメって事か…)。
ただのキーボードと思うと高いです。でもガンガン使えるなら費用対効果は悪くないのかな。
長く使えるならいい買い物になりそうです。
ま、それで何を書くのかと聞かれると辛いものがありますが(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac初心者:Bluetoothは使えない?

MacBookはBluetoothを内蔵しています。わーい。

でもつかえねー。なんで?

対応してるプロトコルが少なすぎるから。

ヘッドセットとPIMデータの送受信にしか対応してません。音楽を聴いたりとか、画像やその他のファイルを送受信することはできないのです。

びっくりするほど中途半端、それがMacBookのBluetoothなのです。
プロトコルなんてちょいちょいと書いてしまえばそれまでなのに…なんで対応してないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacのBluetoothは使えない?

いつだったか忘れてしまいましたが、「今年はBluetoothが来る!」みたいなことを書いたことがありました。

でも、業界は思ったほどBluetoothに乗り気でなく、対応する機器もあまりでないまま過ぎてます。
日本の携帯に関して特にいえることは、これ一つで何でもできる!という側面を出し過ぎて外部機器との連携がおろそかにされやすいんじゃないかと。

auMusicPortとかありますけどもっさりの上になんだか動作が不安定だし…(っていうか携帯を認識させることすらできなかった)で、囲い込みたい欲望ばかりが表に出てユーザーのこと全然考えてねーじゃん!と腹立たしささえ覚える始末です。

さて、そんな日本でもBluetoothを搭載したケータイを出す数少ないメーカーが東芝です。今度のW52Tにも搭載されるそうで、ちょっと期待。

そうそう、そーいやMacBookはBluetooth載ってるよねー。
ということはケータイと連携もできるんだろうか。Nokiaとかじゃなく、日本メーカーとして対応してるんだろうか。

というわけで手持ちのBluetooth対応携帯、W31Tを引っ張り出して実験。
OPPはすんなり通って、アドレス帳なんかはあっさり同期がとれました。

一番連携したいのは画像。メモリーカード引っこ抜いたりケーブルつないだりしなくてすむのでいかにも「すまーと」ってかんじで憧れてたんですよね。

で、やろうとしたらどうもMacは標準で画像送信のプロトコル、BIPに対応してないらしいんです。

て、なんじゃそりゃ!て感じです。全部対応しとけよう…
MacのBluetooth対応は割と早かったと記憶してるんですが、こんな罠があったとは。

同じ罠にかかって苦しんだ人は結構いるみたいです。
解決法としては Picturereceptorを使うしかないみたいです。

ですが、残念なことにIntelMacには未対応みたいです。更新もされてないみたいなんで、せっかく良いソフトが見つかったのに試すこともできないなんて…しょぼん。作者さんのトップページからもリンクが切れてますしね。

一方で、のむろぐさんのエントリによると、

先週、意を決して作者にメールを出してみたら、何と数日後に対応するというメールが届き、予告どおり先週末にメールでユニバーサルバイナリ版が届きました。勿論ちゃんと動きました。

ということで、作者さんにコンタクトをとれば何とかなるかも、ということです。レジストしてないにもかかわらずいきなり連絡するのも気が引けるし、かといって試すこともできずにレジストする気にもなれないし、どうしたらよいのか困ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)